選手交代が大事

フットサルは主審の許可なしで何度でも選手交代ができます。インプレー中も選手交代可能です。公式試合では、交代要員は最大7人となっています。交代は自由なのですが、いくつか決まりごとがあります。

  1. 交代は自陣のベンチ前にある交代ゾーンからのみ認められます。
    この枠以外からの交代は警告になります。
  2. コート上にいた選手が先に完全にコートから出てからでないと交代はできません。交代する選手が先にコートに入ってしまうと警告になってしまいますので気をつけましょう。

これらに気を付けて、交代はドンドンしましょう。疲れて動きが鈍くなる前に交代した方が、チーム全体の運動量が減らないので有利になります。フットサルはプロの試合でも、1試合をフル出場する選手はいません。運動量が落ちてきたと感じたら、そのままがんばるよりも、ベンチに下がって体力を回復させ、もう一度試合に出たほうが効率が良いんですね。

実際、プレーをしてみると分かりますが、止まっている暇がありません。自分がボールを持っていなくても、味方のカバーに入ったり、パスをもらうために相手のマークを振り切ったりと大忙しです。このようにすごく体力を使うので、ベンチが大人気になることも珍しくありません。試合をするなら、3人程度は交代要員がいたほうが良いかもしれませんね。