シュートの練習

ゴールは広く見えるかもしれませんが、キーパーが前に立つと、急に狭くなります。フットサルは一瞬のチャンスを得点に変えるゲームです。シュートチャンスも他のスポーツのように多くはありません。だからこそ、シュートがゴールの枠に飛んでいくように練習をしましょう。強力なシュートでも、ゴールの枠に入ってなければ得点は入りませんからね。逆にぼてぼての当たり損ねのシュートでもゴールの枠に入っていれば、得点が入る可能性があります。

止まった状態でのシュート、ドリブルしながらのシュート、ゴール前でパスをもらってシュート、いろいろ状況、場所からのシュートがあります。それぞれの練習をしましょう。蹴り方はインサイドキック、トゥーキック、インステップキックがあります。

●インサイドキックはスピードはないですが正確なシュートを打てます。

●トゥーキックはスピードはまあまあ、ただコントロールが難しいです。タイミングを外せるのでフットサルでは多用する蹴り方です。

●それからインステップキック。これは一番難しいシュートかもしれません。蹴り方は、ボールの真横に軸足を踏み込み、足の甲でシュートを打ちます。体が斜めにならないように注意してください。

打ち方も難しく、予備動作も大きいのですが、強力なシュートを打つことができます。ロングシュートは全て、このインステップキックのシュートになります。

それぞれ特徴があるので、状況により使い分けることが大事です。一瞬の判断で使い分けるには、かなりの慣れが必要になりますが、誰だって最初は基本の蹴り方を何回も練習することから始めています。ボールの中心を捉えて、狙ったところにボールが飛んでいくように何度も練習しましょう。