パスの練習

フットサルは「パスをつなぐゲーム」でもあります。フットサルは空きスペースがあまりありません。だから無理にドリブルで突破しようとしても、相手に止められてしまいます。そのためパスをつなぐことがとても重要になるんですね。正確なパスが出せるのと出せないのでは、雲泥の差です。自分の思ったところにパスが出せるように練習しましょう。

まずはインサイドキックでパスの練習をします。インサイドキックは、一番正確なキックができます。基本中の基本のキックなのですが、一番使うことになるので何度も練習してください。

練習の仕方は2人1組でします。

まずは、5mぐらい離れて向かい合ってください。ボールは止めた状態で蹴ります。ボールを待っている方は、転がってきたボールを足の裏でトラップします。
キッチリと止めてください。止めたら、相手にパスを出します。ここで、気を付けて頂きたい事が1つあります。相手が動かなくてもボールを取れるように、必ず、相手の足元に蹴ってください。正確なキックの練習になりますから。

慣れてきたら、転がすボールのスピードを上げてみましょう。

蹴る方も、トラップをするほうも難しくなると思います。これにも慣れれきたら、相手との距離を10mぐらいに離してパスを出してみてください。更に難しくなりますが、これができれば正確なパスが出せるようになっていると思います。右足、左足、両足で正確にパスが出せるように練習しましょう。試合でパスがつながるようになってくると、フットサルがグッと面白くなるので、このパス練習だけはしっかりしてみてください。