4秒ルール

フットサルには4秒ルールがあります。簡単に言うと、4秒以上ボールを持ち続けてはいけないというlことです。唯一許されているのが、相手陣内でのボールキープ時です。この場合は4秒以上ボールを持ち続けてもかまいません。では、いくつか注意する点があるので順番にいきましょう。

まず、自陣のコート(センターラインが境界線)で、1人で4秒以上持ち続けると反則になります。4秒たつ前に誰かにパスしましょう。または、「自陣のコート」ということですから、ドリブルをして4秒経過する前に、相手のコートに入った場合はセーフになります。

後は、基本的にプレーが止まって再開するまでの時間はすべて、と思ってください。タッチライン(外枠)からボールが出た場合、フリーキック、キーパーが保持した時、すべてに4秒ルールが適用されます。ここで、【4秒はどの時点からを計るの?】と疑問が湧くと思います。タッチラインからボール出た瞬間からだと、キックインする時間がないですよね?キーパーがキャッチした場合も同じです。難しいシュートを倒れながらキャッチしたとします。その状態から4秒が数えられたとしたら、起き上がるだけで精一杯です。だから、基本的に【リスタート出来る体制から4秒】をカウントしていると覚えておいてください。

公式試合のときは、審判が手を挙げるなど合図を出しています。その時点から4秒になります。みんなでワイワイとフットサルをする場合も、このルールに慣れるために【何となく4秒】で練習しておきましょう。「練習のときは面倒だから止めてとこう」という意見もあると思いますが、いざ試合本番で4秒ルールを守ろうとすると、かなり難しいと思います。
実際に経験したことがありますが、ひどいものでした…。